【RC日記】寒くなってきました

雪こそまだ降っていませんが、そろそろ手がかじかんでプロポを持つのがつらい時期になってきました。

今日もバッテリー1パック分、いつもの公園を走ってきたのですが、もう1パックが限界というぐらいの寒さです。

いつも走っている公園はコンクリートタイルのような感じで、ところどころに円形の小山があり、その部分だけ土です。円形小山には木が植えられているところと無いところがあり、それをうまい具合に利用してスラロームの練習などをしています。

今日は雨上がりだったのでひとっ走りでけっこう汚れました。

タイヤにはだいぶ土が詰まった状態です。シャーシの方はそれほどでもなく、ちょっと払うぐらいでキレイになりました。

センターワンウェイの効果か、かなり操作しやすくなった印象です。ブレーキングでのクイックな巻き込みは無くなりましたが慣れたらワンウェイのある状態でのスロットルワークがわかってきて、スムーズに走れるようになってきました。

次は違うバッテリーを試してみたいところです。LiFeの6.6V2200mAhというスペックのバッテリー一本しか持っていないため、全体的にちょっとパワー不足感があります。このバッテリーも満充電時にはそれなりのスピードが出るのですが、少しでも電圧が落ちてくるととたんにパンチがなくなり、すぐにパワー不足を感じます。

やはりLiPoかなと思い始めたのですが、子供も一緒にやることになりそうなので、とりあえず子供用にはNiMHバッテリーを買ってみる予定です。その辺も試してみたいところです。

【DF-03】プロペラジョイントカップ

タミヤの純正オプション、プロペラカップジョイント(op.948)を組み込んでみました。

プロペラジョイントカップ組み込み

これはプロペラシャフトを受けるカップ部分を、一体成型のアルミ製として作ったパーツです。ノーマルであれば前後ともに対応していますが、センターワンウェイを組み込むと使えません。そのため、私は前輪側にのみ組み込みました。

ノーマルのものは写真のように、ジョイントの軸とプロペラシャフトを受けるカップの部分が別になっていて、金属の軸に樹脂製のカップをねじ止めするような構造になっています。

オプションのジョイントカップはこれを金属で一体成型してあり、剛性が高そうです。

組み込むとこんな感じになりました。ブルーアルマイト仕上げなのでTRFっぽいです。

このオプションについているプラ製のパーツはプロペラシャフト側につけてシャフトの頭を保護するもののようです。

組み付けるとこんな感じになります。写真では少しわかりにくいですが、プロペラシャフトの先端に黒いプラパーツが追加され、ジョイントカップに収まっています。

プロペラジョイントカップ使用感

オフロードバギーということもあり、プロペラシャフトのカップを交換したことによる走りの差は体感できませんでした。敏感なドライバーならわかるかもしれませんが私には無理でした。

ただ、ノーマルに比べて圧倒的に安心感はあります。見た目については賛否あると思いますが、個人的にはホワイトバージョンのシャーシには似合うように思いました。

【DF-03】スリッパ―クラッチ

タミヤ純正のオプションパーツ、スリッパ―クラッチ(op.925)を組み込んでみました。

スリッパ―クラッチ組み込み

スリッパ―クラッチはスパーギヤのところに組み込みますが、メインシャフトを交換する必要があるため、モーターマウントを外す必要があります。

上の写真はリアギヤボックスを開け、スパーギヤを外してモーターマウントも外した状態です。モーター自体はマウントに付いたまま引っ張り出しています。

ギヤボックスは掃除してグリスアップしなおしました。その作業のためにベベルギヤが取り外された状態になっています。プロペラシャフト側のベベルギヤはワンウェイを組み込んだタイプのものです。

これは取り外したノーマルのメインシャフトです。

そしてこちらがスリッパ―クラッチ用のもの。長いです。スリッパ―クラッチはスパーギヤをスリップシートで挟み込み、その締め付けをスプリングで調整するようになっています。

スリッパ―クラッチは後輪に大きな抵抗がかかった際に、メインシャフトとスパーギヤの接続部分をスリップさせることによって衝撃を逃がすような仕組みです。ノーマルの場合、スパーギヤはメインシャフトと一体になっているため、強い抵抗がかかるとそのままスパーギヤ、ピニオンギヤ、モーターなどに負担がかかるわけですが、スリッパ―クラッチを組み込むとある程度以上の抵抗がかかった際に衝撃を逃がすことができるということのようです。

その「ある程度」を、スパーギヤの締め付けの強さによってコントロールすることができます。強く締めすぎるとスリッパ―の意味がなくなり、緩すぎると空転が多くなり、パワーロスにつながります。(説明書にはスリップが多くなりすぎるとスパーギヤが過熱して溶けることがあると書かれていました。)

組み込み後はこんな感じになります。

スリッパ―クラッチのセットに入っていたスパーギヤはノーマルと色が違うので、見た目にかなり変化がありますね。スパーギヤを抑えているスプリングも目を引きます。

説明書には「標準」としてロックナットのところに1㎜ほど軸が飛び出す状態が指示されていました。標準より緩いと滑りやすくなり、加熱してギヤが溶けるという警告がありました。

とりあえず何事も標準ということでいったん私は標準状態で組んでみました。

スリッパ―クラッチ使用感

正直に言いますと、まったくもってこれの効果はわかりません。おそらく私の普段の走り方ではあまりスリップが作動することもないでしょう。ジャンプの着地時などに機能しているのだろうと思いますが、それが走りとしてどの程度の差になるものなのか、正直よくわかりません。

ただ、ギヤはモーターの負担が軽減されるということでそれを信じて入れておこうと思っています。

 

【DF-03】センターワンウェイ

タミヤ純正のオプションパーツ、センターワンウェイ(op.931)を組み込んでみました。

センターワンウェイの組み込み

まず、ノーマルの状態でギヤボックスを開けてみるとこんな感じです。モータの回転を受けたスパーギヤがメインシャフトを回し、その回転がベベルギヤによって90度方向転換され、プロペラシャフトに伝えられます。

センターワンウェイはこのプロペラシャフトの軸受けになっている部分に組み込み、前進方向に回転している際に前後輪の回転数の差を吸収するような効果をもたらします。

大昔に持っていたイグレス(旧バージョン)にはセンターデフが搭載されていて、前後のボールデフに加え、センター(と言ってもリアのギヤボックス内)にデフがもう一つあり、前輪と後輪の回転差を吸収するようになっていました。

がっちりロックされたフルタイム4WDのホットショットIIとの差は歴然で、センターデフの意義みたいなものは子供ながらに感じた覚えがあります。

今回、ダークインパクトは総合的にみて当時のイグレスよりも操作性が良く、とても良いマシンだと感じたのですが、唯一、コーナリング時のアンダーステアだけはイグレスのほうが良い印象でした。

そこで、デフではないものの、ワンウェイを組み込んでみたらどうかなと思ったわけです。

早速組み込んでみました。

近すぎてピンボケになってしまいましたが、これはノーマルのパーツをバラしたところです。後ろに写ってるパーツ置きにしている小物入れは「ラブライブ!」のグッズで、仕事関係でもらったものですが超便利です。

ワンウェイを組むとこんな感じ。見た目にあまり変化はありませんが、中に入っているシャフトがノーマルよりだいぶ太く、また、ベベルギヤの内部に「ワンウェイベアリング」なるものが仕込まれています。このワンウェイベアリングにより、内側に入っているシャフトが片方にしか回らなくなります。つまり、プロペラシャフトの回転が前進方向のみに制限される、ということです。これがワンウェイ(片道)の名前の由来ですね。

ノーマルの場合、4WDは完全フルタイム4WDで、前輪は後輪と同じように回転します。しかしこのワンウェイを組み込むと、前進時は4WDですが、後退すると後輪しか回りません。逆に、前進方向へは空転できるようになります。この空転によって回転差を吸収しようということでしょう。

大昔にミニ四駆でワンウェイホイールという、ホイールの中にギヤが仕込まれていて、前進方向に空転し、後退方向はロックされるホイールがありました。あれはデフみたいにコーナリング時の回転差を吸収するための仕掛けでしたが、発想としては同じものでしょう。

センターワンウェイ使用感

テストは平坦なアスファルトで適当なスラロームなどをやってみた程度ですが、まず感覚として、高スピードのままコーナーに突入したときのアンダーステアはかなり改善されました。ハイスピードコーナーでのドライブフィールは各段に向上したように思います。そのため、今回のテストのような、厳格なコースではない場所でかっ飛ばす分には大変良好です。

半面、減速してコーナーに切り込んでいく、というような走りはできなくなりました。できないと言うと言いすぎですが、これまでステアリングを切ってスロットルを緩めるとキュッとコーナーに切り込んでいくような挙動をしていて心地よかったのですが、このブレーキングによる巻き込みみたいなものがだいぶ緩やかになった印象です。

そのため、レースなどの場合、テクニカルなコーナーが多いコースであればワンウェイは無いほうが良いのかもしれないと感じました。逆にハイスピードコーナーの多いコースであれば減速する状況を減らすことができて効果がありそうです。効果は体感できるものの、万能ではないという印象です。

私自身、確かにノーマル時のアンダーステアは気になったものの、スロットルワークでついてきてくれる挙動は気に入っていたので、気になっていた部分が解消された代わりに気に入っていた部分もスポイルされた、というような結果になりました。

とりあえずせっかくなので組んだままにしておき、この状態でサーキットを走ってみたいと思っています。

【DF-03】ダークインパクト ビス脱落

朝から近所の公園に走りに行き、バッテリー1パック分走らせては帰宅して掃除、充電したらまた走行、ということを繰り返していたのですが、3回目の走行時、軽快に走っていたらコーナリング時に左の後輪がバックトゥザフューチャー2のデロリアンのように変形。

アッパーアームが外れた、ということは遠目にもわかったのですぐ駆け寄ってみるとこんなことに…。

アジャスターがピロボールから外れたのかと思いきや、ボールエンドを固定していたビスが脱落してます。幸い、すぐに止めたのでドライブシャフトは脱落しませんでしたが、おそらくこのまま走ってしまったらあっという間にドライブシャフトも脱落することでしょう。

で、このビスはちょっと探してみても見つからず、あきらめて帰宅しました。

キットを組んだ時にビスやパーツはいくつか余るようになっていたので探してみたところ、この部分のビスはなんと1本しか予備がありませんでした。まぁ1本あったので修理はできたのですが、買いおいておかないとマズイなと思った次第でありました。

フロントのトー角などを調整したらニュートラルが出なくなっていたので、アッパーアームの修理後に自宅の前で直線全開走行を繰り返しながら調整しました。ちょうど残っていたバッテリーを使い切るぐらいテストして調整を終えましたが、16時を過ぎてすでに結構寒くなってきているので今日は打ち止めかな、という感じであります。充電→走行というサイクルだと朝から遊んでも3セットぐらいが限度ですね。インドアサーキットデビューする前にもう一本ぐらいバッテリーを買っておこうかなと考え中です。