【ミニッツ】てづかサーキット初走行

旭川のホビーショップてづかに出向き、ミニッツサーキットを走ってきました。

これまでミニッツ専用のコースは長沼のホビーハウスFで一度走ったことがあるだけでしたが、その時は気にならなかった問題が今回浮き彫りになりました。

てづかのサーキットも公式のものでしたが、とにかくマシンがスピンするのです。コーナーからの立ち上がり、スロットルを開けるとクルンとスピンしてしまいます。どノーマルで他の人の車よりはるかに遅いのに、そんなにスピンしまくっているのは僕らの車だけ。なんだ?と思いました。もちろん腕前はかなり低レベルですがそれにしたってスピンしすぎです。

僕らが遊んでいると、途中店長が上がってきて、新型のミニッツを試乗してみないか、と触らせてくれました。試乗ったってもちろん乗るわけじゃなく、試運転ぐらいの意味合いです。

その新型を試走させている間、僕のマシンを店長がドライブしたのですが、ほんの数秒走らせただけで、「あ、これタイヤノーマル?」とおっしゃいました。「後ろは交換しないとダメだよ。」と続けます。

僕が走らせた新型はとにかく動きが機敏で、トップスピードが速いのはもちろん、ステアリングのレスポンスもクイックで、自分のマシンの感覚で動かすとブレーキングが早すぎる感じでした。減速タイミングを遅らせてもキビキビと曲がるし、しっかりグリップして走ってくれる印象でした。

二周ぐらい走らせて店長に質問を。「後輪どうすればいいんですか?」と。そのまま一緒に店舗の方へ戻り、勧められるままにラジアルタイヤを購入しました。

↑これです。ここから購入できます。

これは同じサイズの4本セットですが、2台持ち込んで2台ともノーマルのスリックタイヤがついていたので、2台まとめて交換しました。

こんな風にパターンがついています。

その場で交換してさっそく走らせてみると、見事にまったくスピンしなくなりました。それまですぐスピンしてしまうのでフルスロットルにすることができなかったのですが、タイヤを交換したらバックストレートではトップスピードまで出すことができ、コーナーの立ち上がりもグッと加速しても踏ん張ってくれるようになりました。

ブレーキングでテールが流れて巻き込むこともなくなり、スムーズに走れるように。

現在、リヤだけラジアルタイヤでフロントはノーマルのスリックタイヤという状態なのですが、これで何ら問題なくすいすい走れるようになりました。

正直、あくまでメインは1/10でミニッツにはそれほどお金をかけるつもりはないのですが、ある程度ラインを取って走れるようになってくると欲が出てきて、もう少し速くしたいな、と思うようになってきました。

しかし屋内コースで走れる1/10のマシンも欲しいので悩みどころです。

 


ラジアルタイヤ”ワイドサイズ”(30°)ミニッツレーサー用 京商 MZW38-30

【ミニッツ】ミニッツのプロポをリセットする

ホビーハウスFさんのウレタンコースを走行中、愛車のラ・フェラーリが暴走状態になりました。ピットへもっていって確認してみると、電源を入れた時点でステアリングが左へ100%切られた状態、スロットルは全開の状態になっていました。ステアリングを右へ回すと車体側は中央になり、スロットルはリバース全開にすると車体側が止まるという状態。手を離すとまた左100%フルスロットルの状態になってしまう、という状態。

“【ミニッツ】ミニッツのプロポをリセットする” の続きを読む

ミニッツ自作練習場

自宅でミニッツの練習をすべく、練習場を作りました。

ホームセンターでタイルカーペットと角を保護する防護カバーを購入し、保護カバーを両面テープでカーペットに貼り付けました。
超簡単。カーペットは1枚が50cm四方なので、これ1枚を使ってカーブ用と直線用の二種類を作り、それを並べてコースを作れるのではないか、という発想です。

カーペットは1枚290円ほど。フェンスは1本90cmで800円程度で購入。


 

このフェンス材は対ショックのやわらかい素材でできていて、カッターナイフで簡単に切れます。さらに、ミニッツがぶつかってもやわらかいので衝撃が少なく、僕らのような初心者ドライバーには最適です。

カーペットはいろんな色がありましたがアスファルトっぽい黒を選びました。フェンスの方もこれまたさまざまな色が用意されていましたがオーソドックスにアイボリーで。

ひとまず、ドライビングの方の腕前がお粗末すぎるため、コースというほどのものではなく、単に周りを囲っただけの状態を作り、内側にパイロン(ミニッツに付属していたもの)を並べて練習しています。

周囲を囲ってパイロンを立ててオーバルコースに。

一応2台一緒に走れるぐらいのコース幅はあります。RCやりだしたら工作も楽しくなりました。

ミニッツ ステアリングは動くのにモーターが回らない

四半世紀ぶりにRCカーを始めよう、と意気込み、まずは室内で練習できるMINI-Zをやってみようということで買ってみた。

私用の黄色いラ・フェラーリ。

と、妻用のエンツォGT。

2台購入してさっそく走らせてみるぞ、と電池を入れてみるも、ラ・フェラーリのほうはステアリングは動くもののモーターがうんともすんとも。電池無いのかな?と、その電池をエンツォのほうに入れてみたら問題なく走るではないか。

初期不良?ということで1センチも走ることなくいきなりバラすことに。MINI-Zは今回初めて買ったのでもちろんバラすのも初めて。というわけでマニュアルを見ながらモーターのケーブルを外し、直接電池につないでみる。

と、回らない!!まさかのモーター不良?

しかし何度かやっているとたまにビューンと回ることがある。回るじゃん、と思ってもう一度やると回らない。よくよく見るとプラスの方のケーブルがモーター側の根元で断線しかかっているようで、ここの接触がよろしくない。そのためモーターを取り外してはんだ付けをしなおしてみる。

赤い方の根元のはんだ付けをやりなおした

電池をつないで試すと元気に回る。何度試してもバッチリ回る。やはりここの接触に問題があったようだ。

そして本体に組み付け直すと、なおも動かない!!何故?基盤に問題があるかも、と思って結局全部バラバラにして基盤を確認するも、目視では問題なさそう。わからないのでそのまま全部組み直したらなぜか動いた。

おそらくはんだをやり直した後に動かなかったのは再組み付けした際に基盤側にモーターのケーブルを締め付ける部分の締め付けが甘かったのではないかと思われる。

何はともあれ動くようになり、妻と2人でRCライフを始めようと思いきや、6歳の長男がやりたいと言い出し、「黄色い方が好き!」と言って私のラ・フェラーリを離さないという事態に…。

長男の参加により、私のミニッツライフはさらにもう一台買うという展開になる予感。初日から波乱ありまくりのカムバックとなったのでありました。