[DF-03]ダークインパクト修理 その1

破損したダークインパクトの修理のため、必要なパーツを購入しました。

まずこれ。

SP.1249/タミヤ/DF-03 B部品

ダンパーステーなわけですが、壊れたのはこの中に入っているフロントの下側のパーツ。交換必須なのはこのパーツだけという認識でしたが、ホワイトバージョンのダークインパクトに黒部品を使うので、どうせならサスアームも黒にしちゃえ、とサスアームも注文。

SP.1252/タミヤ/DF-03 E部品

フロントが黒、リアが白ってのもなかなか良いんじゃないか、なんて思いつつあまり調べもせずに買いました。

届いたものを見て気づきました。

あれ、これフロントとリア1つずつのセットか?

そうなんです。このパーツ、フロントのサスアームとリアのサスアームが1つずつ入った状態。これで交換すると右半分だけホワイト的なすごい有様に。もう一つ買わなきゃ…。

で、フロントナックルもねじ穴が緩み気味だったので購入。

SP.1250/タミヤ/DF-03 C部品

よーし。全部届いたぞ。交換するぞ!

とバラしてみると・・・

あれ。これえぐれまくり?

この部品はフロントナックルを支えているハブキャリア(?)なんですが、ステアリングを切った際に何か干渉しているようで、ギッタギタに削れています。どうせならこれも交換した方が良いような…。

SP.1251/タミヤ/DF-03 D部品

これだな。

というわけで、サスアームももう一組追加しなきゃならないし、これも一緒に発注しちゃいましょう。

[DF-03]ダーク・インパクト重傷

やっちまいました。

フロントサスアームの根元、シャーシ本体側の部分が裂けました。

近所の公園でその辺にある障害物などを使ってスラローム練習をしていて2パック目。街頭の支柱に突っ込んでしまいました。

裏から見ると顕著です。

サスアームじゃなくてマウント側の破損です。帰ってきて分解してみましたが、これはもはやエポキシでどうこうするようなレベルではなく、パーツ交換でしょうね…。

それ以外にもフロント周りはビス穴がバカになってきているところがあったりして、プラパーツ部分全般に限界っぽいです。

実はこのダークインパクトを買った直後ぐらいに、ある人に「タミヤのバギーは脆すぎてダメじゃない?」と言われました。私は小学生の頃からタミヤのバギーしか触れてきていないので他社のものがわからないのですが、フロントアクスル周りの分解頻度の高そうな部分がプラパーツ&タッピングビスだったりして次第にねじ穴がバカになって走行中のビス脱落を招いたりするのはもう少しどうにかなりそうな気もします。

このダークインパクトは購入から一年で、走行距離もそれほど長くありません。が、フロント周りのビス脱落は既に数回経験しています。でも走行前に増し締めしても2パックぐらいで脱落してしまうこともありますし、増し締めが強いと割とすぐにねじ切れてしまいます。

今回破損した部品はメーカーのアフターサービスへ注文して取り寄せるような感じなので、ついでにフロント周りのプラパーツ類をまるごと注文しようかと思っています。

当分走れないですねぇ…。

[RC日記]モエレ沼公園 フリーラン

とにかく広い。

写真はダークインパクトをドライブする息子君(7歳)。ものすごい解放感。

傷だらけのくまモンも爆走しました。とにかく広い。人がほとんどいない。芝ありダートあり舗装路あり。最高でした。

[DF-03]ダークインパクト全バラメンテ

ダークインパクトオーバーホール、ってことで全バラしました。深夜の玄関で…。

徹底的に完バラで、パーツの掃除、ギヤボックスの掃除、グリスアップしなおし、ベアリングの注油、ダンパーのオイル交換なども含め、各部組み直して調整しなおすという作業です。家族が寝静まった後の玄関で始めたら明け方までかかりました。

ひん曲がったドライブシャフトは後輪側に移してごまかしごまかしまだ使ってます。(早く買えw)

ベアリングも掃除して注油。

オイルダンパーのエア抜き用具。面白いので買ってみたけれど、たしかに一気にエア抜きが終わるので便利です。ただ、翌朝まで放置しておけば抜けるだろ、という話もあります。

これはまだ分解途中。ここからメカを降ろしてシャーシを水洗いしました。それが一番最初の写真です。この写真ではまだダンパーも外しただけでキタナイですね。この後ばらばらにして掃除し、オイルを入れ替えて組み直しました。

この全バラメンテ後、息子君のドライブで前後ともドライブシャフトが脱落するというアクシデントがあり、パーツは回収したものの、やはりユニバーサルシャフト買わなきゃな、と改めて思った次第でありました。

【DF-03】ダークインパクト フロントアッパーアーム破損

雪上走行のあと、足回りをバラしてドライブシャフトやベアリングの掃除、注油作業をしていたのですが、フロント左側のアッパーアームがひん曲がっていました。

今日の雪上走行では特にぶつけたりしていないので、おそらくてづかサーキットでフェンスにぶつかったりしたせいでしょう。これを機にターンバックルシャフトにしようかなと考えています。

OP.940/タミヤ/DF-03 ハードターンバックルシャフトセット

このあたり。これがちょうどDF-03用のセットのようですね。ノーマル(上の写真のもの)は外さないと長さの調整ができないので、ターンバックルになっていたほうが便利なのは間違いないんですよね。

モーター周りも

今回、雪上走行で足回りにぎっしり雪が詰まったので、前後サスペンション全バラの上、モーターも降ろしました。

モーターはまだまだ大丈夫ですが、トルクチューンモーターは事実上使い捨てみたいなものなので、何個か買ってストックしておいても良いかもしれません。

タミヤ(TAMIYA)/OP-1358/RS-540 トルクチューンモーター

ダークインパクト(ホワイトバージョン)には標準でこのモーターがついてましたが、このモーターは普通のRS540より軽くチューンされているという触れ込みで、価格も千円程度、燃費が非常に良く、寿命も長いといういいことづくめのモーターです。オフロード系のマシンでガンガン遊ぶには最適のような気がしますね。ひたすら走らせてヘタったら交換する、という使い方です。あまりエコじゃないですが。

ダークインパクトはブラシレス化しても良いような気がしますが、ウィリー系やビッグフット、クロウラーなんかではトルクチューン使い捨て型のほうが良いかもしれません。近々息子もウィリーマシンでRCデビューしそうなので、トルクチューンモーターも2~3個ストックしておこうかと思います。

ピニオンギヤ

ちなみに、現在このダークインパクトではキットについていた26Tのピニオンギヤを使っています。

OP.922/タミヤ/05ピニオンギヤ(23T/25T)

OP.923/タミヤ/05ピニオンギヤ(27T/29T)

この辺を買っておくとセッティングの幅が広がりそうですね。
個人的には多分ローギヤードな方向に行くのだろうなという気がしてます。

雪上走行はローギヤードでトルクを上げた方が面白そうな気がしますが、逆にハイギヤードにして低速トルクが弱ったほうが滑らないかもしれません。滑った方が面白いという話もありますが。

まったくレース志向ではないため、トルク重視型のセッティングになりがちです。トップスピードでかっとびたいという気持ちも無くはないんですが。