【DF-03】ダークインパクト(ホワイトバージョン)届く

数十年前にハマっていたホビーRC。そのとき数台のマシンを組んだのだけれど、全部1/10のEPバギー。とにかくバギーが好き。

というわけでRC再開の最初の一台として選んだのは、タミヤのダークインパクト。ホワイトバージョンというなにやら限定仕様で、シャーシもほとんど真っ白という珍しい色に惹かれて購入。もちろん何もかも無いのでプロポやらバッテリーやら充電器やら、一式まるごと大人買い。

バッテリーがなかなか入荷せず、発注から半月あまり経過してようやく荷物が届いた。

いやー、期待が溢れますね。

溢れる期待を胸にキットの箱を開く。かつてのRCモデルよりもだいぶ小さな箱でこじんまりとしている。

・・・。あれ。パーツが多いな。細かいし。

組み立て説明書を開くと、冒頭からボールデフの組み立てで、瞬間接着剤で固定する指示があったり、細かいグリスアップの指示があったり。パッと見でかなりパーツ数が多く、難しそう。

・・・。あれ。俺これ組み立てられんのかな・・・。

小学生のときにホットショットIIでRCデビューし、いきなりシャフトドライブの4WDを組んだワタシ。その後イグレスやスーパーアスチュートといった、当時のタミヤとしては難易度高め(?)のモデルも組んだはずなのだけれど、ン十年のブランクを経て出会ったダークインパクトにはけっこう尻込みさせられた。

ま、急ぐわけじゃなし、ゆっくり、じっくり組み立てていくとしましょう。

まずはニッパーとラジオペンチを買うところからだな。

ミニッツ自作練習場

自宅でミニッツの練習をすべく、練習場を作りました。

ホームセンターでタイルカーペットと角を保護する防護カバーを購入し、保護カバーを両面テープでカーペットに貼り付けました。
超簡単。カーペットは1枚が50cm四方なので、これ1枚を使ってカーブ用と直線用の二種類を作り、それを並べてコースを作れるのではないか、という発想です。

カーペットは1枚290円ほど。フェンスは1本90cmで800円程度で購入。


 

このフェンス材は対ショックのやわらかい素材でできていて、カッターナイフで簡単に切れます。さらに、ミニッツがぶつかってもやわらかいので衝撃が少なく、僕らのような初心者ドライバーには最適です。

カーペットはいろんな色がありましたがアスファルトっぽい黒を選びました。フェンスの方もこれまたさまざまな色が用意されていましたがオーソドックスにアイボリーで。

ひとまず、ドライビングの方の腕前がお粗末すぎるため、コースというほどのものではなく、単に周りを囲っただけの状態を作り、内側にパイロン(ミニッツに付属していたもの)を並べて練習しています。

周囲を囲ってパイロンを立ててオーバルコースに。

一応2台一緒に走れるぐらいのコース幅はあります。RCやりだしたら工作も楽しくなりました。

ミニッツ ステアリングは動くのにモーターが回らない

四半世紀ぶりにRCカーを始めよう、と意気込み、まずは室内で練習できるMINI-Zをやってみようということで買ってみた。

私用の黄色いラ・フェラーリ。

と、妻用のエンツォGT。

2台購入してさっそく走らせてみるぞ、と電池を入れてみるも、ラ・フェラーリのほうはステアリングは動くもののモーターがうんともすんとも。電池無いのかな?と、その電池をエンツォのほうに入れてみたら問題なく走るではないか。

初期不良?ということで1センチも走ることなくいきなりバラすことに。MINI-Zは今回初めて買ったのでもちろんバラすのも初めて。というわけでマニュアルを見ながらモーターのケーブルを外し、直接電池につないでみる。

と、回らない!!まさかのモーター不良?

しかし何度かやっているとたまにビューンと回ることがある。回るじゃん、と思ってもう一度やると回らない。よくよく見るとプラスの方のケーブルがモーター側の根元で断線しかかっているようで、ここの接触がよろしくない。そのためモーターを取り外してはんだ付けをしなおしてみる。

赤い方の根元のはんだ付けをやりなおした

電池をつないで試すと元気に回る。何度試してもバッチリ回る。やはりここの接触に問題があったようだ。

そして本体に組み付け直すと、なおも動かない!!何故?基盤に問題があるかも、と思って結局全部バラバラにして基盤を確認するも、目視では問題なさそう。わからないのでそのまま全部組み直したらなぜか動いた。

おそらくはんだをやり直した後に動かなかったのは再組み付けした際に基盤側にモーターのケーブルを締め付ける部分の締め付けが甘かったのではないかと思われる。

何はともあれ動くようになり、妻と2人でRCライフを始めようと思いきや、6歳の長男がやりたいと言い出し、「黄色い方が好き!」と言って私のラ・フェラーリを離さないという事態に…。

長男の参加により、私のミニッツライフはさらにもう一台買うという展開になる予感。初日から波乱ありまくりのカムバックとなったのでありました。