ミニッツ ステアリングは動くのにモーターが回らない

四半世紀ぶりにRCカーを始めよう、と意気込み、まずは室内で練習できるMINI-Zをやってみようということで買ってみた。

私用の黄色いラ・フェラーリ。

と、妻用のエンツォGT。

2台購入してさっそく走らせてみるぞ、と電池を入れてみるも、ラ・フェラーリのほうはステアリングは動くもののモーターがうんともすんとも。電池無いのかな?と、その電池をエンツォのほうに入れてみたら問題なく走るではないか。

初期不良?ということで1センチも走ることなくいきなりバラすことに。MINI-Zは今回初めて買ったのでもちろんバラすのも初めて。というわけでマニュアルを見ながらモーターのケーブルを外し、直接電池につないでみる。

と、回らない!!まさかのモーター不良?

しかし何度かやっているとたまにビューンと回ることがある。回るじゃん、と思ってもう一度やると回らない。よくよく見るとプラスの方のケーブルがモーター側の根元で断線しかかっているようで、ここの接触がよろしくない。そのためモーターを取り外してはんだ付けをしなおしてみる。

赤い方の根元のはんだ付けをやりなおした

電池をつないで試すと元気に回る。何度試してもバッチリ回る。やはりここの接触に問題があったようだ。

そして本体に組み付け直すと、なおも動かない!!何故?基盤に問題があるかも、と思って結局全部バラバラにして基盤を確認するも、目視では問題なさそう。わからないのでそのまま全部組み直したらなぜか動いた。

おそらくはんだをやり直した後に動かなかったのは再組み付けした際に基盤側にモーターのケーブルを締め付ける部分の締め付けが甘かったのではないかと思われる。

何はともあれ動くようになり、妻と2人でRCライフを始めようと思いきや、6歳の長男がやりたいと言い出し、「黄色い方が好き!」と言って私のラ・フェラーリを離さないという事態に…。

長男の参加により、私のミニッツライフはさらにもう一台買うという展開になる予感。初日から波乱ありまくりのカムバックとなったのでありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です