[RC日記]モエレ沼公園 フリーラン

とにかく広い。

写真はダークインパクトをドライブする息子君(7歳)。ものすごい解放感。

傷だらけのくまモンも爆走しました。とにかく広い。人がほとんどいない。芝ありダートあり舗装路あり。最高でした。

[WR-02G]くまモントラクター ダンパーセッティング

セッティングというほど大した話ではありません。

WR-02Gシャーシ標準のフリクションダンパーについて。説明書では前後ともスプリングの上にスペーサーを組むようになっていて、後ろの方が強めにかかるようになっていました。

とりあえず説明書通りに組んで走らせてみる、というスタンスの私はしばらくそのまま走らせていたんですが、どうもやはりぽんぽん跳ねるのですね。それによく転ぶ。

そこで。

スペーサーを外してみました。

写真だとわかりにくいんですが、説明書通りの長さに組んだダンパーで、スペーサーを入れない状態でタイヤを浮かせると、足が伸び切った状態でスプリングも伸び切ってさらに隙間が空きます。隙間はわずかですが、スプリング長よりもダンパー長の方が長く、余るのです。

この状態で地面に置くとスプリングが縮み、初期状態で若干下がった状態になります。

が。走ってみるとこの方が圧倒的に安定しました。ダートの踏ん張りにも問題なく、舗装路でも曲がれるようになりました。舗装路ではやはりスピードをかなり落とさないとコケますが、それでもスペーサー有りのときよりもだいぶ良いです。

ただ、この状態だと、ポンとスロットルを開けたときのウイリーが弱まりました。かかった荷重をリヤサスが沈み込んで吸収してしまうのでしょう。ウイリーマシンとしてこれでいいのか、という話はありますが、普通のビッグフットとしてはこの方が走りやすいです。

次はオイルダンパーを試してみたいと思ってますが、この車の特性みたいなものがごっそり無くなりそうな気配もありますね。

[WR-02G]くまモントラクター 復活!

壊れたステアリングサーボを修理し、ハイトルクサーボセイバーを組み込んだ状態でテスト。庭のダートを走り回りました。

息子君(7歳)が軽快にドライブしてますが、順調に走ってます。2パックほど走り回りましたが、ひとまずサーボは無事。ハイトルクサーボセイバーがどの程度の効果をもたらしているかは不明ですが、組み立てた段階で、とりあえずキット付属のサーボセイバーとは比較にならないな、という印象ではありました。しっかりした板バネが3枚入っていて、ショックをうまい具合に吸収するようになっています。

庭は砂利がひどく、取っても取っても出てきます。ほじくり返しては篩にかけ、砂利だけ取り除く、という作業をひたすら繰り返してようやくダートっぽい状態に。ビッグフットならまずまず楽しめる状態になってきましたが、バギーだとやはりまだ大きな石が多すぎる印象です。地道に整地していきます。

[サーボ]Futaba S3003 修理(ギヤ交換)

安くて入手しやすいという理由で愛用しているFutabaのサーボS3003。

私が愛用している「ラジコン夢空間」のリンク貼っておきますね。

(65%オフ)フタバ S3003(バルク品)

いつも買ってるのがこれ。バルク品なので本体だけを緩衝材で包んだような状態で届きます。外箱や説明書はなし。とにかく安いので子供のRC用に買って搭載したんですが、WR-02Gに載せてサーキットを走ったらあっという間に壊れました。

壊れたのですぐにもう一個買って載せ替えたんですが、それもあっという間に壊れました。

そこで、今度は中のギヤだけを購入。

これも夢空間のリンク貼っておきますね。

フタバ/F-301285/S3003用サーボギヤセット

写真はなぜかギヤ4つとも白いですが、届いたものは実際のS3003と同じ、サーボの軸になるギヤだけ黒でした。

壊れたS3003を分解し、ギヤを全部取り出してギヤの破片を取り除き、新たなギヤを組み込んでタミヤのセラグリスを塗布。

見事に治りました。ギヤだけ買えば治せることが判明し、そのギヤも簡単に手に入るため、これからもS3003は愛用していくことになりそうです。

なお、WR-02Gではとにかくサーボに負担がかかるということがわかってきたので、ハイトルクサーボセイバーも組んでみました。

SP.1000/タミヤ/ハイトルクサーボセイバー(黒)

[DF-03]ダークインパクト全バラメンテ

ダークインパクトオーバーホール、ってことで全バラしました。深夜の玄関で…。

徹底的に完バラで、パーツの掃除、ギヤボックスの掃除、グリスアップしなおし、ベアリングの注油、ダンパーのオイル交換なども含め、各部組み直して調整しなおすという作業です。家族が寝静まった後の玄関で始めたら明け方までかかりました。

ひん曲がったドライブシャフトは後輪側に移してごまかしごまかしまだ使ってます。(早く買えw)

ベアリングも掃除して注油。

オイルダンパーのエア抜き用具。面白いので買ってみたけれど、たしかに一気にエア抜きが終わるので便利です。ただ、翌朝まで放置しておけば抜けるだろ、という話もあります。

これはまだ分解途中。ここからメカを降ろしてシャーシを水洗いしました。それが一番最初の写真です。この写真ではまだダンパーも外しただけでキタナイですね。この後ばらばらにして掃除し、オイルを入れ替えて組み直しました。

この全バラメンテ後、息子君のドライブで前後ともドライブシャフトが脱落するというアクシデントがあり、パーツは回収したものの、やはりユニバーサルシャフト買わなきゃな、と改めて思った次第でありました。